2015年4月8日水曜日

姉ログ × 「想像力の豊かな人」は実は騙されやすい、という話。

想像力の豊かな人は、実は騙されやすい。

…という事実をご存知でしょうか。

今回は、週刊少年サンデー2015年18号掲載の、姉ログ 第202話「姉エイプリルフール」を例に、そのことをご紹介したいと思います。


「姉ログ」は、近衛家の長女である近衛 靄子(このえ もやこ)が、その弟である輝(あきら)が姉である自分に対して本気で恋心を抱いていると思い込んでいます。

右端が近衛 靄子(このえ もやこ)。

そのため、彼の行動や言動の全てをその妄想から深読みし過ぎたりし、結果靄子が暴走する話がよく描かれています。

そんな「姉ログ」、この回は「エイプリルフールに靄子を輝に関する嘘で騙す」というお話でした。



弟に38歳人妻の彼女ができた、という話を友人から聞き、あっさりと信じる靄子。

そして輝本人からは、「実は、実の姉弟じゃないんだ」という話をされ、それもあっさり信じてしまいます。
エイプリルフールで騙された後なのにも関わらず、輝に騙される靄子姉さん

先にも触れましたが、靄子は普段からそのたくましい想像力を働かせ、輝がまだ何もしていない(言っていない)ような状況でも、

「輝は私のことが大好きだから、こういう行動をする(もしくはこう考えている)に違いない!」

と妄想し、しかもそれを真剣に事実と信じて暴走してしまうキャラです。


実は、こういう「想像力が豊かな人」と「嘘を信じ込みやすい人」には、強い相関関係があることが、心理学の調査でわかっているそうなのです。

その想像力の高さゆえ、聞いた冗談や嘘をリアルに思い描けるために、現実の話だと思ってしまうのだとか。

そう考えると、靄子のような人がエイプリルフールにも関わらず、あっさりとウソを信じるのも納得できるような気がします。


…という話をすると、「妄想というのはやっぱりマイナスなんだ、現実をもっと見ないとダメなんだ!」という話になってしまいそうですが。

実は、妄想にも良い面はあるそうです。

妄想力のある人は、

・自信を持っている
・楽しい感情をいつでも自分で作り出せるため、ストレスに強い

という傾向もあるようなのです。

妄想するのもたまには良いと思いますが、あまりに嘘を信じてしまって騙され過ぎるようなら程ほどに、ということですね。


もし自分が人の冗談を本気にしてしまいがちなら、自分自身に「妄想する癖」や「余計なことまで考え想像してしまう癖」がないか、確認してみてくださいね!



記事を最後までお読み頂き、ありがとうございました!!

(※ 掲載した画像は紹介作品からの引用で、著作権は作者および出版社にあります)

SNS