2014年3月7日金曜日

侵略!イカ娘 第322話「警察官に見えなイカ?」 (表情を読み取ったり表情を作ったりするとき、これを知っておくと便利です!)

今回は週刊少年チャンピオン2014年14号掲載、侵略!イカ娘 第322話「警察官に見えなイカ?」を例に、表情を読み取ったり作ったりするときに知っておきたいいくつかのことをご紹介します。

人の心がわかれば良いのにな」と思うときは、たまにあると思います。

人は無意識のうちに、いろいろなところから、その人がどう思っているかを判断しています。
そんななか、表情も目に見えて感情がわかりやすいひとつの部分です。

上司や相手の顔色をうかがう、なんてことを意識せずにしていることだってあると思いますが、その全てを表情からのみ読み取るのは難しいのが現実です。

怒っていると思ったら内心は笑っていたり、笑っていると思ったら怒っていたり。

そんな裏の表情を見るためにも知っておきたい情報を、今回はご紹介します。


(※※ ここからネタばれを含みます。ご注意ください ※※

まずは、 侵略!イカ娘 第322話「警察官に見えなイカ?」のあらすじから。


今回の話の中心は、ちょっと残念な警察官の古川蛍子(ふるかわ けいこ)さんです。

古川さんの、そのかわいい外見とドジっ子なところから、イカ娘が彼女に対してふと疑問に思ったのが事の始まりです。
「お巡りさんは本当にお巡りさんなのでゲソよね?」

自分でも失敗の多さを認めながらも、周りに「警察官に見えますよね!?」と同意を求めますが、

この反応(笑)

これはゆゆしき問題と思い、もっと警察官らしくなるために友人のもとへとアドバイスを求めに行きます。
その友人いわく、「眉毛が問題だ」という結論でした。

そして友人と眉や目つきを変える練習を行った成果がこちら。
最初と比べてもらえれば一目瞭然ですが、物凄く目つきが悪くなりました。

そしてその表情を周りが見て、昨日警察官らしく見えなかったと答えた事を怒っているのでは? と考えます。

そして怒っていると勘違いしたまま「警察官に見えますか?」と聞かれたまわりは、ビビって警察官に見えるとを認めます。

やっと警察官に見えると認めてもらうことができたものの、この表情は本人もかなり疲れる様子だったこと、また周りはやっぱり古川さんらしいやわらかな表情の方が良かったと感じたこともあり、彼女は元の表情に戻ることになりました。



ここから、今回のブログのテーマに入ります。

今回注目したいのは、古川さんが眉と目つきで表情を作り、そしてそれによって周りが「怒っている」と感じたことです。


「怒りの表情は眉によってわかる」のは漫画にも出てきていた通りです。

しかしこれだけだと全く普通の情報過ぎて紹介にならないです(笑)
今回は、この普段から何気なく判断していることを、もう少し踏み込んでご紹介したいと思います。


まず怒りの表情は、「眉間に力が入っていて、眉の根元が下がっている」状態です。
(ちなみに、逆に眉の根元が上がっていると恐怖の表情になります)

こういった表情というものは、実は全人類に共通しているものだという話はご存知でしょうか?

ある心理学の実験で、原始的な生活を営む、都会から離れた場所に住む部族にいろいろな写真を見せて、その写真に写る人の表情を判断させたところ、「驚き・恐怖・怒り・嫌悪・悲しみ・喜び」の表情に関しては、実験者が写真の表情から感じていた感情と一致したそうです。

笑いなどが文化によって差があるように、表情の出方も文化によって差があるのでは? と考えてしまいがちですが、上記の6つに関しては海外でも共通だということです。

また上記の6つの感情は、誰でも共通して顔のパーツに変化が出ることもわかっています。

つまり、「上記の6つの感情は、海外に行っても表情から簡単に読み取れる」ということです。
これが追加で知っておくと便利な情報のひとつめです。


また怒ってもいないのに「怒ってる?」と聞かれたり思われたりするなど、表情から誤解されやすいタイプの人も良く見られます。

これに関しては、本人特有の「シワ」や「目の位置」などから勝手に表情を読み取られていることが原因、ということが考えられます。

例に出ている「怒り」であれば、普通の状態でも眉間にシワが入りやすい人で、眉の根元がもともと下がっている人は、勝手に「あの人は怒っている」と感じられやすい、ということです。

もし自分がそういったタイプの方であれば、その要因となる場所を特定し、意図して隠したりすることで、誤解を生まなくて済むように改善できるかも知れません。


また少し話は逸れますが、意識的に表情を「作る」ことも良くあると思います。

上記の通り、感情によってパーツのそれぞれの動きを再現できれば、表情は実際に作ることも十分にできます。
(表情を作ることが苦手で、「本当にできるの?」と疑っている方は、良ければ一度その表情の特徴となるパーツの動きを調べてみると良いと思います。)

ただし表情を意識的に作る際には、「表情の消えるタイミング」にも注意をするようにしましょう。

実は、表情は出てから消えるまでには余韻があることがわかってます。

知識のある人が見ると一目瞭然でわかってしまいます。
逆に、知っていれば相手が本当はそう思っていないかもしれない、というのを見抜くこともできます。


海外でも通じる、表情に出る共通の感情。
表情が誤解される人にはそう感じさせるポイントがあること。
作り笑いなど、作った表情は消えるまでに余韻がないこと。

この3つを知っておくだけでも、日常生活は少し変わると思いますよ!


以上、表情を読み取ったり作ったりするときに知っておきたい3つのご紹介でした。

「侵略!イカ娘」に出てくるキャラは、もともとの絵柄のせいもあるかもしれませんが、かわいい人が多いと思います。

今回の話みたく、サブキャラでも本編でフューチャーされることも多いので、お気に入りのサブキャラがいればぜひ一度調べてみてくださいね!

(※ 掲載した画像は紹介作品からの引用で、著作権は作者および出版社にあります)
新品価格
¥440から
(2014/3/7 21:38時点)

SNS