2013年11月30日土曜日

DAYS 31st day「別れ」 (今苦しいことを、楽しい思い出にするために必要なこと!)

今回は、週刊少年マガジン52号掲載、DAYS 31st day「別れ」を例に、最後の印象が全体の印象に及ぼす影響のことをご紹介したいと思います。

学生時代の部活動で、何年ものあいだ毎日苦しい練習を続けたにも関わらず、最後に「やって良かった」と思えることがあるのは、経験から知っている方も多いと思います。
しかし、部活動を行っていても全く逆の印象を受けることもあります

これはどういった要因で起こるのでしょうか?

普通に考えれば、全体を通したバランスで良いことが多かったときにのみ良かったと感じられると考えられますが、実は最後の印象が全体の印象に大きく影響を与えることは、意外に知られていません。


※※ ここからネタばれを含みます。ご注意ください ※※


まずあらすじから。

高校サッカーインターハイ、東京都予選決勝で、聖蹟高校サッカー部は負けてしまいました。
聖蹟高校サッカー部所属の笠原は、インターハイに出るよりも前に引っ越しをする予定でしたが、無理を言って引っ越しを先延ばしにしてもらっている状況でした。

インターハイが終わってすぐ、引っ越しをする笠原の追い出し会を兼ねた打ち上げが終わったあと、笠原は電車で引っ越し先へ向かいます。

その途中に、彼は「楽しいことばっかだったな―」と独白しています。
 



ここから今回のブログのテーマに入ります。

「楽しいことばっかだったな―」と感想を言っていますが、スポーツの世界でインターハイ決勝まで行くには、楽しいことばかりではないだろうということは容易に想像できると思います。
特に笠原は、落ちこぼれ組だったところから東京を代表する選手にまでなっていることから、その辛さは想像を絶するかもしれません。

それにも関わらず楽しいこと「ばっか」と感じるのは、水樹という友人が居たことと、おそらく最後にインターハイ決勝に出場できたことや、そこで自分が納得がいくくらい全力で戦えたことが大きく関わっていると考えることができます。


その結論に関係する、心理学の実験をご紹介します。

この実験では、まず参加者に2つの課題をこなしてもらいます。

2つともほとんど同じで、1つは14℃(11月~12月頃の水道水と同程度の、冷たいと感じる温度)の水に60秒間片手を浸しながら、感じる苦痛を数値で報告してもらいます。

もう1つは、同じく14℃の水に60秒間片手を浸しながら感じる苦痛を数値で報告してもらった後、1℃だけ温度があがった水(ほんの少しマシだが、冷たいと感じる水)に30秒間片手を浸しながら感じる苦痛を数値で報告してもらいます。

この2つの課題が終わった後、実験参加者に「明日もう一度どちらか同じ課題を行わなければならない場合、どちらを選ぶか?」と確認をしました。


普通に考えれば、30秒間冷たい時間が増えている分、1つめの実験の方を選ぶと思われますが、結果は70%の人が2つめの実験を選ぶという形になりました。

この結果は、全体の印象が全体で受けた感覚の平均ではなく、最後の部分が今までの辛さのピークよりも下がることに影響を与えられたことを示してくれています。

つまり、同じ辛さを味わっていても、すこしマシになる程度でも最後が良ければ、全体に対するイメージは良くなることが言えます。


ちなみにこの結果は日常生活でも、意外によくあることです。

極端な例を出すと、夫からひどいDVを受けた結果裁判まで起こしていた妻が、反省する夫から謝られ、裁判を取り消したうえによりを戻したという例もあるようです。

その他にも、山を登る際にとても苦労して「二度と来るか」と途中で思っていても、山の頂上で見る景色がとても綺麗に感じられて、あとで思い返して「また行きたい」と思うことや、苦労して手に入れた食材で食べた料理がとても美味しく感じられ、その苦労が大きくても「同じ苦労をしてもまた食べたい」と感じられることがあるのも、この事象が影響していることが考えられます。

誰かに何か面倒なことをお願いすることがあれば、その後の楽しみを用意しておくことで、また助けてもらえる可能性があがるかもしれません。

最後の印象を大事にするようにしましょう。


以上、最後の印象が全体の印象に及ぼす影響についてでした。

ちなみに今回の「DAYS」の見どころは、今回のブログテーマと別のところにあります。

自分でも別テーマにしようと思っていたのですが、何度かマガジンを読み返すうちに今回のブログのテーマに気付くことができました。

同じ本を繰り返して読むことはいろいろなところで推奨されていることですが、漫画でもそれは当てはまると思います。

お気に入りの漫画や気になっている漫画を繰り返し読むことで、「こういうところが好きだったのか!」など、新たな発見があるかもしれません。
一度試してみてくださいね!^^

 
(※ 掲載した画像は紹介作品からの引用で、著作権は作者および出版社にあります)
新品価格
¥450から
(2013/11/30 20:33時点)

SNS