2013年10月26日土曜日

電波教師 96限目「勝利を呼ぶオトコ」(かわいいと相手に感じさせる共通点がある?)

今回は、週刊少年サンデー47号掲載、電波教師 96限目「勝利を呼ぶオトコ」を例に、かわいいと相手に感じさせる特徴についてご紹介したいと思います。


※※ ここからネタばれを含みます。ご注意ください ※※

まずはあらすじから。
前回からの続きで、主人公率いる「銀軍」とイケメン集団「レジェンズ」とのナンパ対決が行われます。

ルールは各チーム5人選出し、女子生徒に声をかけて自分達のパーティーイベントのチケットを多く配った方の勝ちです。制限時間2時間、対戦エリアは学校敷地内全て、同じ生徒に双方の班が重複して配る事は不可です。

 主人公である教師、鑑 純一郎は言います。
「ナンパは顔でやるもんだ」と。
その主人公がナンパ対決のエースに選んだ、轟くんがこちらです。
まあもちろん「ありえねー!!」って話になるのですが、主人公は本気です。

対決スタート直後はイケメン軍団「レジェンズ」達がその見た目を武器に結果を出していきます。
轟くんも頑張って女の子たちに声をかけますが、全く上手くいきません。
そんな折り、ひとりの女の子のが自分から声をかけてきました。

「あ…あの、ちょっといい……? パーティーイベントのチケットもらえる?」

轟くんはわけもわからず、チケットを渡します。「わーっ、ありがとう『ろっきー!』」
そこからは、彼が声をかけなくても女の子の方から「ホンモノの『ろっきー!』だ すごーい!!」「チケットちょうだい!」と寄ってくる展開になりました。
轟くん本人も何が起こっているのかわからない状況。

そこで、鑑純一郎が事前に準備を行っていた効果が出ている事を教えてくれます。
轟くんは、「柊学園非公認キャラ ろっきー」として、ホームページやツイッターなどで広報活動をしているマスコットキャラなのだと。
轟くんの顔は鑑純一郎いわく、「ゆるキャラとして完成している」との事。

実際その効果が出て、レジェンズとの差をどんどん埋めていく結果となりました。


ここからブログのテーマに入ります。

彼自身の顔の特徴にも当てはまるのですが、人間に限らず他の動物も含めて、小さい頃の顔の見た目がとても特徴的なのはご存知かと思います。

子供のころの見た目は、
・頬がふっくらと丸い
・目と目が離れている
・目と鼻と口が頭に対して、多少下に位置する
といった特徴があります。
他のゆるキャラや、アニメや漫画でかわいいと思えるキャラクターや絵柄にも共通する部分があるのですが、上記の様な特徴は相手に「かわいい」と感じさせ、自然と世話をしたくなるそうです。

これは「養育行動」と名前がついていて、養育する側(赤ちゃんに対する親など)が必要な動物に備わっている、生命を維持する為の大切な要素の一つと考えられています。

つまり、見た目で「かわいい!」と感じ、ファンになって応援したくなるのはとても自然な感覚だという事です。


以上、 かわいいと相手に感じさせる特徴についてでした。

今回のブログテーマ以外にも、今回の対決について鑑純一郎が「事前の準備で勝負が決まる」と言っているのは普通に勉強になります。

あと個人的には、対戦相手が「お前達が勉強やスポーツにうつつを抜かしている間、俺達はどうすれば女の子にチヤホヤされるか 血のにじむような努力を重ねてきたんだ!」という発言にも心惹かれました。
開き直ってる人間の強さは本物だと。
良い悪いはさておき(笑)


ここまで読んでくださって、ありがとうございました!

(※ 掲載した画像は紹介作品からの引用で、著作権は作者および出版社にあります)

(↓今回ご紹介した話の収録巻です)
中古価格
¥250から
(2014/5/2 23:17時点)

SNS